Xファイルのためのブログだったのですが、現在はおばさんのグチログとなり果てております。


by redsherry4869

やはり遅すぎた・・・?

行ってきました!

Xファイル真実を求めて

平日の昼間ということもあるのでしょうが・・・、

ガラガラでした。

7~8人ってとこですかねぇ・・・。

しかも断言しますが、
私が一番若い観客です!

後の方々はどう見ても50代、60代・・・。
Xファイルってファン層がこんなに高かったんですかね?



あ、映画の感想ですね。






映画の出来は良かったです。

連続誘殺人事件、
闇の臓器売買組織、
人体実験、
うさんくさいサイキック神父等々、
Xファイルらしいテーマが展開していきます。

そして気になるモルダーとスカリーの関係。

スカリーはFBIを辞め小児科のドクターになっていて、
難病の子供の治療にあたっています。

モルダーの方はFBIのお尋ね者として
隠遁生活を余儀なくされていましたが、
この事件に捜査協力をすることを条件に
罪を免除(もともと濡れ衣なんですけどね)されます。

お互い愛しあい、信頼し合い、
誰よりも理解し合っているけど、
それぞれのゆるぎない信念が異なっているため、
別々の道を歩んでいます。
(やっぱりモルスカらしいよねぇ・・・。)

ウィリアム君の事は映画の中で少し触れてはいますが、
彼が現在どうしているのかはわかりません。


映画の感想はTVシリーズの初期の頃のようなドキドキ感があり、
モルダーとスカリーのしっとりとした大人の関係もありで
面白いと思うのですが、
やはりXファイル全シリーズを見た人じゃないと
面白くないかな?っていうのが正直なところです。
TVシリーズが終了して翌年あたりの公開であれば
もっと話題になったと思います。


エンディングロールが始まると
皆さん情報不足らしくぞろぞろとお帰りになりました。
てっきり私以外全員帰ったと思ったので
残っていたドリンクをズーズーと飲みほし、
ラストシーンでは「ウキャキャ。」と変な声で笑い、
照明がついて「ふわーっ。」と伸びをして立ちあがったら、
後ろに一人だけ男性が残っていました・・・。

お互い目は合わせず、
静かに退場しました・・・。
[PR]
by redsherry4869 | 2008-11-21 10:31 | Xファイル