Xファイルのためのブログだったのですが、現在はおばさんのグチログとなり果てております。


by redsherry4869

カテゴリ:epi感想( 7 )

害虫

久々にXファイルのDVDを見ました。

このエピはチョコレートを食べながら見ることをお勧めします(爆)。

ゴキブリは見たくありませんのでねー、私はもっぱらお部屋でくつろぐスカちゃんを鑑賞することに専念します。

銃の手入れ、お食事、ワンちゃんのシャンプー、そしてアイスクリームをカップごともってパクつくスカちゃん。

いつものキリっとしたスーツ姿ではなくリラックスしたスカちゃんがキュートです。

ダリン・モーガンの脚本のエピは、いつもと違うスカちゃんを見せてくれることが多くて好きです。

それにしても、スカちゃんはモルからの連絡を待つため電話を握り締めたまま寝ているというのに、バンビにへらへらしているモルがちょっとむかつきます。

でも、モーテルで騒ぎが起きた時上半身裸のまま銃を持って駆けつけるシーンかっこいいですぅ!

裸で銃を持つ男だわー!

などとくだらないキャッチフレーズが頭をよぎります。

ゴキブリが登場するシーンはさらっと通過して、あえなくバンビに玉砕するモル君に内心ざまーミロとつぶやいちゃったりします。

それにしてもラストに登場するゴキブリでかすぎるんじゃないでしょうか・・・。
あんな巨大なゴキブリが出没するアパート、私は即刻引っ越します。
[PR]
by redsherry4869 | 2006-03-05 11:46 | epi感想

№311

黙示

宗教的な内容なんですが、
もともとそんなに宗教に関心がなく(無神論者ではありませんが)
キリスト教にはあまり縁のない私には
やっぱりどの宗教でも狂信的な信者って存在するのねぇ
というのが率直な感想でした。

もっぱらうっとりと見ていたのはスカちゃん。
このepiはスカちゃんがトーっても美しいんです。
赤褐色の髪がきらきらして、
おめめもきれーな緑がかったブルーで
まさに天使ですわ・・・。

でもぉ、なぜか今回のモルはスカちゃんにちょっと意地悪です。
スカちゃんもちょっと悲しそうです。
宗教とか神に対する考え方が根本的に違うからなんでしょうか?

ラストで懺悔するスカちゃんを見て、
やっぱり宗教が心のよりどころになっているんだなあと思いました。
[PR]
by redsherry4869 | 2005-10-12 12:00 | epi感想

№309・310

二世・731

日本人らしき人がたくさん出てくるこのepi。
でもなんか日本語は怪しくてたどたどしい・・・。

特に「サクライ」さん、
外交官なのに英語が話せないんでしょうか?
外交官という事は外務省にお勤めのはずですよね。
英語が話せなくても空手とかができれば入省できるのでしょうか????

731部隊というのは私は日本人でありながら
その存在をほとんど知っていません。
かなり非人道的な人体実験を「医学」という名のもとに行なっていた
という程度の知識でしょうか・・・。
終戦時に資料のほとんど処分してしまい、
わずかに残った資料もペンタゴンの極秘資料となってしまったので
実際にどのような事を行なっていたのかはほとんど不明といってもいいようです。

731部隊の中心だったのは石井四郎という人物で
今回の「イシマル」のモデルとなった人だと思います。
彼は終戦後アメリカに渡ったらしいですが、
詳しい消息は不明で実際にこんな風に協力させられていたのかもしれません。

まあ、難しい話はさておき
このepiのモルスカはかっこいいです。
真実にたどり着けるかもしれないと必死のモルに
自分とおなじ誘拐を経験をした女性達と出会い動揺するスカちゃん。
一瞬たりとも目が離せません。

列車の中のシーンも鬼気迫る感じでテレビドラマというより、
映画並みの迫力です。

ラストは真実にたどり着けそうで
たどり着ないといういつものパターンで
一番かっこいいところをミスターXに持っていかれちゃってますが、
2話連続で見ごたえがあるので良いでしょう。
[PR]
by redsherry4869 | 2005-10-10 11:22 | epi感想

№308

土牢

最近この手の犯罪が日本でも多くなり
妙な現実感があるせいか鳥肌エピのひとつです。

少女誘拐事件となるとモルは否が応でも
サマンサを思い出し、
必死となる姿が痛い痛しいです。
モルが必死になる理由は誘拐された少女が
無事戻ってくれば、
サマンサも無事に戻ってくるという
希望につながるからなのでしょうね。

誘拐された少女の母がモルに
あなたに私たちの気持ちがわかるはずないわ、
という言葉はモルの心の傷を深くえぐります。

誘拐された少女は無事救出されますが、
もう一人は過去のつらい思い出から
開放されることなく命を落としてしまいます。
彼女に落ち度があったわけでもないのに・・・。
やりきれないラストです。
[PR]
by redsherry4869 | 2005-09-28 14:08 | epi感想

№307

歩兵

キャラハン将軍はいかにも上位の軍人らしく威風堂々としてましたけど、
ただモルスカの捜査を妨害するのではなく、
部下が殺されたことや自分の身の回りに不審なことだことが起きると
モルスカの意見に耳を貸すだけの柔軟さもお持ちの将軍でした。

その威厳に負けずに渡り合うモルスカも素敵でした。
相手が誰だろうと自分の信念を持って仕事に取り組む二人、
とってもりりしい!

事件としては悲惨ですけどね・・・。
日本は60年戦争をしていませんので
戦争で心身に傷を負った人というのはピンとこないかもしれませんが
あれが戦争の現実なのですよね。
[PR]
by redsherry4869 | 2005-09-25 14:34 | epi感想

№306

胃液

ストーリー以前にこの犯人むかつくー!!!
あまり男性と縁がない女性たちばかり狙って餌食にするとは!!!
まあ、脂肪だけ取ってくれるんなら許せるけど・・・。

モルの方は淡々とお仕事モードで
犯人像を絞り込んでいくのに対して、
スカちゃんはだいぶお怒りモードのようでした。
もちろん感情的になるわけではありませんが、
女性として犯人に嫌悪感を感じるのは当然だと思います。

『飢えをしのいだだけだ』と
しれっとのたまう犯人の顔面に
バズーカ砲を撃ち込んでやりたい!
と思うのは私だけではないと思う。
[PR]
by redsherry4869 | 2005-09-21 14:16 | epi感想

お引越し&戯言№306

ブログを開設してはや1年たちました。
いろいろ考えてみてXファイルはこちらに引っ越しました。
なぜ引っ越したのかは一目瞭然ですね。
以前Hさんに教えていただいてすっかり忘れていたのですが、
息子がFBIのブログがあるよと教えてくれて思い出しました。
やっぱりXファイルはこれでしょう。
以前のブログは私の日常のグチログとして残す予定です。

今後ともよろしくお願いします。

胃液

このエピの犯人はあらゆる意味で女の敵ですね。
スカちゃんが怒るのももっともです。

女の敵といえばクリーブランド警察のクロス刑事、
最初は男尊女卑的な発言で嫌な奴!と思いましたが、
後半はスカちゃんの能力を認めてましたね。
クロス刑事の発言にあからさまに反論せず
自分の能力を認めさせる、
スカちゃんはホント働く女性のあこがれです。
クロス刑事もあんな亡くなり方はちょっと気の毒ですね。
頭は固いですが刑事としては有能そうでしたものね。

このエピは二人が有能な捜査官であることを
見せ付けるシーンがいっぱいです。
エレンの部屋に銃を構えて踏み込む時の
二人の無駄のない動き惚れ惚れします。
窓から飛び出して犯人を追うモルの後姿も素敵ー!!!
[PR]
by redsherry4869 | 2005-08-14 15:34 | epi感想