Xファイルのためのブログだったのですが、現在はおばさんのグチログとなり果てております。


by redsherry4869

<   2006年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

マナー違反

昨日クラッシックのコンサートに行ってきました、
が、マナーの悪さに辟易でした。

もともと夫が義理で購入したチケットだったので、
凄く楽しみというわけではなかったのですが
ちょっとひどかったです。

まずは《いびき》
ピアノの音が心地いいのはわかりますが、
いびきをかくほどぐっすり眠られるのはどうかと・・・。

それと《子供》
クラッシックのコンサートに小さな子供を連れてくるなんて、
非常識だと思います。
案の定飽きてしまって騒ぎ出しました。

以前ジャズのコンサートの時は、
館内飲食禁止にもかかわらず
親子連れがジュースやお菓子を食べ始め
(自分の家の茶の間じゃないんだから)
袋をガサガサさせたり、
ジュースをごくごくと飲む音が
とっても迷惑でした。

こういう公共のマナーが守れないというか、
意識がないところが田舎だなーといつも思います。
おじいちゃん、おばあちゃんの芝居見物を
同じ感覚なのでしょうね。

観客の意識改革も問題ですが、
主催者側ももっと考えてほしいと思います。

どこにクレームをつけていいのか検討中。
[PR]
by redsherry4869 | 2006-01-31 13:35 | ささやかな日常

理解できない・・・

給食や外食で「いただきます」は不要だという人達がいるらしい。

http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/katei/news/20060121ddm013100126000c.html

びっくりです。

給食費を払って食べているんだから
「いただきます」は必要ないって・・・?

物事の判断基準がすべて【お金】なんですね。

食に感謝するというのは、
作ってくれた人に対してだけではないと思います。
野菜だろうと肉だろうと魚だろうと
命を貰うわけですから感謝すべきです。
また、健康で給食をおいしく食べられることに対しても
感謝すべきです。

それに給食費を払っているんだから
作ってくれた人にお礼を言わなくてもよいというなら
その給食費は誰が払ってくれたのでしょうか?
子供たちが自分で払っているわけではないですね。
だとすれば自分を育ててくれている両親に感謝すべきです。

こんなことを論議しなくてはならないことを悲しく思います。

お金を払っているからお礼を言う必要がない
ただで貰ったときだけお礼を言えばいい

感謝
礼儀
思いやり

そんなものは必要のない時代になるのかな?
[PR]
by redsherry4869 | 2006-01-26 14:26 | ささやかな日常

歴史は繰り返される?


祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。

沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。

おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢の如し。

たけき者も遂には滅びぬ、偏に風の前の塵に同じ。




まさに今のホリエもんではないでしょうか?

自分の思い通りにならない事はない、

そんな風に考えていた時もあったと思います。

でも今となってはそれは自分の思い上がりだったと
彼は気づいたでしょうか?

結局彼は【裸の王様】だったのではないでしょうか?
[PR]
by redsherry4869 | 2006-01-25 13:42 | ささやかな日常

2046

キムタクが準主役とかで
話題になった映画ですね。
カンヌに行くときは大騒ぎだったけど、
賞をとったのはあまり話題にならなかった
【誰も知らない】で
その後は話題は柳樂くん一色となり
キムタクがいつ帰国したのかすらわからなかった。

しかも準主役のはずのキムタクは
あまり出番もなく、大騒ぎしていたのは
日本のマスコミだけだったらしい。

確かにねー、なんというか
面白いのか面白くないのか
よくわからない映画でした。

つまらないわけじゃないんだけど
面白いとも言い難く・・・。

完成までに何年もかかった割には・・・。

と言うのが率直な感想ですかね。

やっぱり香港製の映画はよくわからん
と改めて思いました。
[PR]
by redsherry4869 | 2006-01-21 22:46 | 映画のお話

来るべき時が・・・

ライブドアの一連の騒動。

やっぱりねぇ、と言うのが
私達の世代の感想なのかな。

ホリエもんを見ていると
バブルの頃を思い出します。

私達が若い頃、
青年実業家という
実体のよくわからない会社の
若い社長がたくさんいました。

金を持っている奴が偉い!
金があれば何でもできる!

そんな理屈がまかり通っていた時代でした。

ホリエもんの企業買収は経営というより、
人生ゲームをそのまま実社会でも
やっているようで現実感がないように見えました。

今後どれだけ影響が
広がっていくのかわかりませんが、
彼の対応を見ていきたいと思います。
[PR]
by redsherry4869 | 2006-01-21 00:23 | ささやかな日常

正月映画観ました。

お正月に撮りだめしていた映画をやっと観ました。

NIN×NIN

慎吾君主演のハットリ君です。
名作とか大作ではないけれど、
家族で楽しむ映画としては
面白かったと思います。

確かにハットリ君を実写でやるとしたら
慎吾君はぴったりだと思います。
ほかのキャスティングもいいですね。
草彅君もちょこっとだけ出演してました。

でもアニメで見ていた世代としては
あの歌がなかったのはちょっと寂しかったかなぁ。


北の零年


NIN×NINとはうって変わって
シリアスな映画なんですが、
見終った感想は

男って弱いなあ・・・

でした。

新しき国、新しい時代を自分たちで作ると
散々いきまいておきながら、
いざ事が思い通りに運ばないとなると
茫然自失、魂の抜け殻となってしまう。

あんたたちに引っ張られてきた
妻子はどうするのよ!

男が望む幸せと女が望む幸せって
こんなにも違うのね。

周囲から裏切り者と罵られながらも
夫を信じ、けなげに待っている妻と娘の元に
どの面下げて戻ってくるんじゃー!
命の恩人だかなんだか知らんけど、
妻と娘を裏切るだけの理由があるとは思えない。

しっかりと大地に立っている妻に対して、
口先だけ立派で時代に流されていく夫という
構図の映画でした。
[PR]
by redsherry4869 | 2006-01-15 14:43 | 映画のお話

正月ボケかな?

年末年始のTV番組を録画したのがたまりすぎて
いつまでも終わらないですー。

なんかみんな途中までは見るんですけど、
最後までたどり着かないっていうか・・・。

今日は仕事が休みだったから
ゆっくり見ようと思ってたのに
コタツで爆睡でした・・・。
[PR]
by redsherry4869 | 2006-01-12 23:49 | ささやかな日常

ポケモン 実写版

ポケモンの実写版の映像を見つけました~。

アメリカのコントらしいです。
英語ですが単純なストーリーなので大丈夫だと思います。
ピカチュウが妙にひらべったいんですが・・・。

子供とアニメを見ていたころは、
ピカチュウが家にいたら
心が癒されるだろうなと思ってましたけど、
これは癒されそうにないです。


興味のある方は以下へどうぞ

http://www.youtube.com/watch.php?v=EGwEQldOmZ4&search=pokemon
[PR]
by redsherry4869 | 2006-01-09 11:12 | ささやかな日常

流星花園Ⅱ

予想通りオリジナルストーリーに
なってからつまらん・・・。

記憶喪失ものが悪いとは言わないけど、
これだけで26話引っ張るのは苦しいと思う。
とにかくF4を登場させればいい、
という感じのお話ですね。

いくら記憶を失ったとはいえ、
『周りの人間すべて敵だー!』
となってしまう道明寺。
簡単に過去を断ち切って
『人生をやり直すんだ!』ってさあ・・・。

そりゃあ、あんたの母ちゃんはあんまりだけど、
恋人とか友達とかも簡単に捨てちゃうの?
恩人とはいえエルサと仲良く新婚さんみたいに
生活を始めちゃって、
パートⅠを見ていた人には
ついていけないんですが・・・。
わくわくするような展開もないし・・・。

あと20話位残ってるんだよね・・・。
うーん、続けられるかな・・・。
[PR]
by redsherry4869 | 2006-01-08 11:57 | ドラマのお話

子供たちの受難

仙台の病院から生後10日の赤ちゃんが
誘拐された。
事情はよくわからないが、
院長とトラブルがあったようで
報復ではないかということだった。

今は安全な場所がなくなってきている。
病院だろうと学校だろうと塾だろうと、
犯罪に巻き込まれないという保証がない。
こんな時代で成長する子供たちは
本当に可愛そうだ。
人を信じるということができないのだから・・・。
学校でも子供たちの安全を守るという理由で
《人を見たら泥棒と思え》的なことを
教えざるを得なくなっている。

知人が学期末で習字道具や絵の具箱など
荷物をいっぱい抱えて下校する子供を見て
何気に

『重そうだねぇ。』

と声をかけたら、

『話しかけれても返事するなって
 学校で言われてますから。』

と答えが返ってきたらしい。

私の住んでいるところは結構田舎なので、
子供に対して知らない人でも結構声をかける。
うちの息子たちも小さい頃は、
知らないおじいちゃんおばあちゃんに
話しかけられたり、お菓子をもらったりしていて
それが普通のことだった。
それが今ではうかつに話しかけられない。

誘拐犯の意図はわからないけれど、
人間としての気持ちが少しでも残っているのなら、
1分でも早く赤ちゃんをご両親の元へ
返してほしい。
[PR]
by redsherry4869 | 2006-01-07 14:37 | ささやかな日常