Xファイルのためのブログだったのですが、現在はおばさんのグチログとなり果てております。


by redsherry4869

<   2006年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

春近し

やっと灯油の価格が少しだけ下がりました。
ここ数日暖かくて昼は暖房なしでもOKです。

となるとやってくるのが花粉症の季節です。

我が家は私と息子達が花粉症です。

一番症状が重いのは私。
真っ先に鼻がむずむず、鼻水だらだら、目がかゆくなり、後は頑固な鼻づまりが続きます。
若い頃より症状が重くなっているような気がするのですが、気のせいでしょうか。
減感作療法もやりましたが、多少症状が軽くなった程度です。
子供のうちにやらないとあまり効果はないようですね。

長男は比較的軽症で以前は鼻が少しむずむずするくらいで、薬なしでも乗り越えられました。
ところが、高校生になったら学校のすぐそばに杉林があり症状がひどくなりました。
でも、家に帰ってくると収まるので本人は病院に行こうとしません。

次男は鼻水がだらだらタイプなのですが、スギだけでなくヒノキや草花の花粉にも反応します。
現在は減感作療法の効果があったらしく収まってます。

花粉症を治すワクチンというのはいつできるのでしょうかねぇ・・・。
スギの木を花粉が少ないタイプに植え替えたりしているようですが、効果が出るのはだいぶ先のことでしょう・・・。

私は長いことこのスギ花粉で苦しんでます。
子供の頃は花粉症というのがまだ知られていなくて、慢性鼻炎とか言われてました。
花粉症とわかってからも以前の抗アレルギー剤というのは副作用が強く、胃が荒れたり眠くなったりして使えませんでした。
今は副作用が少ない抗アレルギー剤があって助かります。
妊娠・授乳中は漢方薬を使いました。

でも子供達にも遺伝したのは可哀想でした。
アレルギーがひどくならないように妊娠中、授乳中は食べ物に気をつけたりしたのですがね・・・。
特に次男はほとんどの花粉に反応するようなのでこれから大変だと思います。

子供って似てほしくないところに限って親に似るんですよね。
[PR]
by redsherry4869 | 2006-02-25 13:42 | ささやかな日常

時代の流れ?

クレヨンしんちゃんが中学生の公民の教科書に登場することになったらしい。

放送開始当時からなにかとPTAから批判を受けている番組なのに、これも時代の流れなのかな?

ちなみに我が家は夫婦ともに原作のファンだったので、家族で見てました。
今は子供達が大きくなったので見ませんが、映画も何度かいきました。

近所に家の長男と同い年の男の子がいるお母さんは、

「クレヨンしんちゃんは下品だから見せない」

と言ってましたけどね・・・。

私達が子供の頃はドリフターズの「全員集合」が槍玉にあがってましたね。
私と弟がTVを見ていると父が

「こんな下らない番組のどこが面白いんだ?」

とよくぶつぶつ言ってました。
父はTVはNHKのニュースと野球放送しか見ない典型的な日本のお父さんでした。
でもあの頃は本当に面白と思って見ていたんです。

我が家では基本的に『この番組は見ちゃダメ』というのはないです。
その代わり家族みんなで見てます。
(結局これが大事なんじゃないかな?)

家にしょっちゅう遊びに来るH君は、よく我が家でビデオを見てます。
彼の家はお母さんが子供が見るTV番組をいろいろ制限しているらしく、
(バラエティとかちょっと下品なアニメ等はだめらしい)
見せてもらえない番組は家の息子がビデオに撮ってあげているようです(^_^;)。
(だから制限しても意味ないんだよねー。)

さすがにバトルロワイヤルは禁止しましたが、それ以外は我が家では普通に見ている番組なので、「うちってちょっとおバカなのかも。」なんて思ったりもします。

でも、おバカな番組を見て育った割には私も夫も一応社会人としてやってるし、子供達も非行に走っていません(今のところ)。

長男とはガンダムについて熱く語り合い、次男とは「ハガレン」の話題で盛り上がる、
こんな母親ですが何とかやってます(爆)。
[PR]
by redsherry4869 | 2006-02-23 11:45 | ささやかな日常

内定もらいました。

何とか内定もらいました。
いやあ、もうドキドキものでした。
履歴書・職務経歴書を完璧に仕上げたまではよかったんですが、面接がね・・・。

本格的な面接とは考えもせず、
軽い気持ちで面接会場に

「オハヨウゴザイマース!」

と能天気に入っていってしまった私・・・。

中にはいかにも管理職という感じの迫力ある
おじ様が3人ずらっと座っており、
私は額に縦線状態・・・。

なにやら難しい質問を次々されたのですが、
なんと答えたかはウロ覚え・・・。

帰宅した夫にその事を報告すると、

「いつもと同じ調子だったんだろー、
 それでいいじゃん。」

との返事。

まあ、内定きたからいいんだけど・・・。

大学4年の就職試験の時も、
時間を勘違いして堂々と1時間も遅刻したのに
なぜか合格した私だもん、深くは考えまい・・・。

それより心配なのは今後の事。
今までとはまったく違う仕事なので、
正直不安です。

でも、来年は息子達は(たぶん)大学生と高校生。
多少犠牲を払っても
安定した収入と仕事がほしい。

自分のやりたい仕事は残念ながら収入には結びつかず、今回の選択となりました。

はあぁぁっ・・・、親って大変。
でも子供達ためにできるだけの事はしなくては!
自分も親にそうして育ててもらったんだもの。
[PR]
by redsherry4869 | 2006-02-20 15:11 | ささやかな日常

面接受けました。

ただいま転職を考え中です。

今の職場は仕事の内容は好きなのですが、
スケジュールがコロコロ変わりすぎなのです。
それに《仕事》をしている時間は確かに
時給をもらってますが、
実際には準備に時間がかかる仕事なので、
時間外でやってる部分がかなりあります。
(もち無給)

それに仕事をする上で
取得しなくてはいけない資格が
いろいろあるのですが、
テキスト代や受験料などは全部自費です。

突然仕事が入ったり、突然仕事がなくなったり、
まあ、派遣みたいな仕事なので
仕方ないかも・・・
なんて思ったりもしてたのですが・・・。

年齢的にも新しい仕事を見つけるのは
大変だしね・・・。

正社員にならないかという
お誘いもありましたが、
何しろそこの会社は夜の9時、10時終了が
当たり前な上に残業手当なんてものはナシ。

給料が多少増えても
勤務時間が倍になるんじゃねー、
というわけでお断りしました。

半分諦めつつもハローワークに通い続け、
何とか自分の条件に合いそうなところが
見つかりましたが、
唯一問題なのは1年間ごとの採用ということ。
つまり、1年間仕事して勤務状態をみて、
次年度の更新をするという形態なのです。

営業ではないのでノルマなどはなく、
勤務状態がまじめだったら大丈夫だろうとは
思うのですが・・・。

結果は来週です。
[PR]
by redsherry4869 | 2006-02-17 16:17 | ささやかな日常

ああ、牛肉・・・

突然ですが

吉野家の牛丼が食べたいですー!!!(絶叫)

我が家は一家揃って牛丼ファンです。
それも「吉野家」か「松屋」限定です。

残念ながら我が家の近辺には
吉野家も松屋もないのですが、
生協で冷凍パックの吉野家の牛丼の具を
購入して食べてました。

で、アメリカ産牛肉が輸入禁止となり、
当然、生協の吉野家の牛丼の具も
取り扱い中止となりました。
牛丼の具が目的で生協に入っていたので、
生協やめちゃいました・・・。

やっと輸入が再開されたので
また生協に入ろうかなーと思っていたら、
再び輸入禁止になるし・・・。

なんでこんなに怒っているのかというと、
昨日オージー・ビーフでビーフシチューを
作ったんですけど、お肉硬い・・・。
筋が多くて筋切りとかしたんですけど
やっぱり硬い・・・。

アメリカの馬鹿!!!

あんたたちがちゃんと決められたとおりに
肉を処理していたら、
今頃おいしいビーフシチューや
牛丼が食べられたかもしれないのに・・・。

食い物の恨みは怖いぜぇぇぇ。
[PR]
by redsherry4869 | 2006-02-16 09:35 | ささやかな日常
我が家はさっぱり盛り上がりませんでした。

微妙な年頃の息子が二人もいるのに、
まったく女っ気なしでした。

長男は以前は毎年ではないけど
もらっていたようなんですけどね。

長男が幼稚園の時、
同じクラスの女の子が
わざわざ家にチョコを渡しに
来てくれた事があったんですけど、
それを見た次男(当時3歳が)
《僕もチョコがほしい!》
と泣き出したんです。

私が

「マー君(次男)にはママがあげるからね。」

と言ったら

「ママのは要らない!」

と思いっきり拒絶され
私がショックを受けました・・・。

だってその頃の次男は
私にべったりだったんですよ・・・。

大泣きの次男でしたが、
近所の女の子がチョコをくれたら
機嫌が直ってニコニコと食べてました。

やっぱり男のプライドがあるんですかね。

で、次男の方はそれ以後
チョコをもらった形跡はないです。

夫の方はもはや義理チョコなのですが(当然)、
これはこれでまた微妙で・・・(ーー;)。

職場に犬猿の仲の女性がいるようで、

『あんな奴からはもらいたくないんだけれど、
くれなかったらくれなかったで腹が立つし・・・。』

と前日に愚痴ってました。

結局頂いた事は頂いたらしいのですが、
自分で食べる気になれず
人にあげちゃったようです。

バレンタインデーをやめたいと思っている人が
結構多いとの事ですが、
こういう人が案外いるのでしょうね。


本命チョコをやめたいと思っている人は
いないと思います。
[PR]
by redsherry4869 | 2006-02-15 10:15 | ささやかな日常

ネバーランド

劇作家チャールズ・バリーと
ピーター・パンのモデルとなった少年の
出会いとふれあいのお話。

(事実を基にしてはいるけどちょっと違う。)

あんまり期待していなかったんですが、
結構面白かった。

バリーが少年たちと同化して遊ぶ姿は
ちょっと引いちゃうなくもないですが、
学者とか芸術家にはこういう純粋な部分が
必要なのかもしれません。

バリーが兄弟の中で三男のピーターに対して
特に心を惹かれたのは、
父親を失って行き場のない感情を
心の奥に押し殺している姿に
自分と同じ心の傷を
感じたのかもしれません。

映画にはあまり詳しく出てこないけど
ジェームズの母親はどういうわけか
彼の兄だけを溺愛し、
ジャームズには関心がなかったらしいです。
兄が亡くなった後は放心状態が続き
ほぼ寝たきりのような状態になってしまったらしい。

ジェームズは母親の前で兄の服を着て
生前の兄のまねをして見せたらしい。

それ以外に母親の関心を引く方法がなかったと聞いて、
なんて残酷なんだろうと思いました。

私にも息子が二人いますが、
どちらか一方だけがかわいいというのは
理解できないです。

長男、次男それぞれ長所、短所があり
それぞれを受け入れるのが親だと思います。

母親が自分を愛してくれない、
受け入れてくれない、
だから母の歓心を得るために
母のを一身に受けていた兄の振りをする・・・。

ジェームズの母親のしたことは
精神的な虐待だと思いました。
ジェームズは母の愛を独占したかったわけでなく、
兄と同じように愛してほしかっただけなのに・・・。

ジェームズがディビス家の子供達と
庭を駆け回っている間、
暖かいまなざしを自分と子供たちに
送ってくれるディビス夫人。

それは子供の頃渇望してやまなかった
母のまなざしの代わりだったのではないだろうか・・・。

周囲には不自然に見える彼らの関係も、
お互いいくら求めてく得られないものを
わずかなりにも補ってくれるものではなかったのか?

バリーには妻がいたけれど、
子供ができなかったことなどで
夫婦仲はうまくいかなくなっていたらしい。
(映画ではスランプで悩むバリーに対し、
妻の関心は社交界の華やかな世界のみ。)
たぶんディビス家のことがなくても、
遅かれ早かれ破綻していたのではないか。

映画と事実の違いは、
ジェームズは未亡人の夫人と子供たちと
出会ったわけでなく、
ディビス夫妻と子供たち
(実際は5人兄弟)と出会い、
家族ぐるみの交際から始まっています。

映画では知り合って数ヶ月で
夫人が亡くなってますが、
事実は夫妻とバリーの家族ぐるみの交際は
10年近くもあり、夫妻が亡くなった後は
子供達は夫人の母親ではなく
ジェームズが引き取ってます。
ピーター・パンのモデルとなった男の子の名前は
実はマイケルです。
しかもこの子は20歳で亡くなってしまいます。

現実にマイケルは永遠の少年
ピーター・パンになったのです。
[PR]
by redsherry4869 | 2006-02-14 13:16 | 映画のお話
以前始まってすぐリタイヤしてしまった《CASSHERN》
今回は家族で見たので大丈夫でした~。
(ってそこまで無理に見なくても・・・。)

アニメの「新造人間キャシャーン」とは
登場人物の名前が同じなだけで
まったく別ストーリーなんですね・・・。

CGの映像がすごい!と言うか、
すごすぎて多分にマンガチック・・・。
中途半端に中国的だし・・・。

画面が全体的に暗く、
せりふの意味がよく理解できない上に
なんかぼそぼそした言い方なので
意味不明・・・。

夫はキャシャーンとブライが兄弟だったと
思い込んでいるけど違うんじゃないかなー。
(私も自信ないけど・・・)

要君は元仮面ライダーだけあって、
キャシャーンとの対決シーンは決まってました。
相変わらずいかがわしい雰囲気たっぷりの
ミッチーもよかったです~。
ミッチーは自分の役割を理解して
きっちり演じてくれるので
好きな俳優さんの一人です。

でもねー、ストーリーの方がさっぱりなのよー。
退廃的で精神的にも文化的にも
老化している社会、
明るい未来というものがさっぱり見えない世界。

これだけでも私にはつらいのに、
突如生まれた新造人間たちをどうして
いきなり抹殺しなきゃならないのかわからないし、
なぜ新造人間たちがロボットの大軍を
手に入れることがでたのかもわからないまま
どんどん戦いだけが大きくなってしまう。

(実際戦争の理由なんて
後から作るものなのかもしれないけど・・・。)

東博士も生命をもてあそんだ
パラノイアとして描かれているし、
最後はみんな死んでしまって終焉を迎える・・・。

見終わったときは
《最後まで耐えられたぞー!》
という感想でした。

私個人としては主題歌は
宇多田ヒカルじゃなくてささきいさおが
よかったです。

フレンダー!チェーンジ!
[PR]
by redsherry4869 | 2006-02-13 10:26 | 映画のお話

どっちが変?

それなりに人生が長い私、
とりあえず一通りの常識はわきまえている・・・、
と自分では思ってきたのですが
最近はその自信が少しなくなってきた・・・。

私には息子が二人いまして、
PTAの役員なども長くやっておりました。
(ここ数年は断ってる)

子供の教育とかしつけに対する考え方って
各家庭でこんなに違うものなの?!
と思うことがしばしばあります。

この前の
「給食の時に《いただきます》を
言わせないでほしい」
という親がいるのもびっくりですが、
給食費を払わない保護者が増えているというのも衝撃でした。
《払えない》のではなく
《払わない》・《払う必要がない》と
主張していらしいです。

収入がなくて払えないという理由であれば、
もちろん市とか区が代わりに払います。
払わない親の理由は、
「頼んでもいないのに勝手に出されるのに払う理由がない」
「公立の学校なんだから全部市で払ってくれるのが当然」
との事だそうです。

なんかもうこれだけで頭が痛いのですが、
こういう保護者が年々増えているらしいです。

我が家の子供たちの通っていた小学校でも、
以前この問題がPTA総会で取り上げられました。

学校やPTAは給食費を払っていない子供がいるということを公表してしまうと、
それがいじめの原因になっては困るとのことで
ずっと公表せずPTAの会費から立て替えていたらしいのですが、
年々金額が増えきてとうとう公表することとなったらしいです。

校長先生やPTA会長が給食費未払いの児童の家に行って、
保護者を説得したりしていたようですが
効果は芳しくなかったようです。

金八先生でもありましたね。
あっちはドラマなので何とか解決したけど
現実は解決に程遠く議論となりました。

結論としては先生、PTAの役員、育成委員
(地域の役員)の方が説得を続けることと、
次年度の入学児童の保護者から
給食費、PTA会費をきちんと払う旨の承諾書を提出してもらうこと、
(その際強制ではないけれど保障人立ててもらうこと)
などが決まりました。

この話を知人たちに話したらみなびっくりしてましたが、
一人だけ
「うちの子の学校の給食未払い額100万超えて大騒ぎになってるんです。」
という人がいました。

説得にあったっている方のご苦労を思うと頭が下がります。

給食費を払わなくていいと主張している奴の
頭をかち割って中身が入っているのか見てみたい
と思うのは私だけなのだろうか?
[PR]
by redsherry4869 | 2006-02-12 16:24 | ささやかな日常

次から次へと登場

布団たたきおばさんの次は、

《違法増築おじさん》ですって・・・。

自分の家をどんどん増築していって
(もちろん大工さんなどではない)
お隣の家まではみ出ようが構わずに
どんどん増築していっているらしい。

素人なので適当に釘を打ったり、
ロープでぐるぐる巻きにしているだけなので
いろんなものが落ちてきたり飛んできたりで
通行人が怪我をしたこともあるらしい。

しかもアパート?らしく
部屋を借りてすんでる人もいるとか・・・。

隣の家は昼でもまったく陽がささないし、
壁にひびは入ってくるし、
天井や壁はしみだらけらしい。

かかなり古い木造住宅(掘っ立て小屋に近い)
なのに、一時は4階まで作っちゃったらしい。

何でこんなことをしているのかというと、
以前近所とトラブルになり
お隣の人が仲裁に入ったのを
逆恨みしてのことらしい。

なんかこんなニュースばっかりで
嫌になってきます。
[PR]
by redsherry4869 | 2006-02-05 10:59 | ささやかな日常